ラメラテクノロジーから生まれたオールインワンコスメ『コンシダーマル』�A

肌に良いと変わる成分を皮膚の奥深くまで届けて、肌本来が有する保湿力を引き出して得る化粧水ですので、効果は期待できると言えるでしょう。

●新発想のスキンケア●
コスメティックス自体を、肌と同じラメラ構造にするという技術は、置き換えるば、コンシダーマル スキンライズローションは、肌の成分と肌の構造に着目したコスメティックスと言えます。

【肌成分】
皮脂:スクワラン
細胞間脂質:セラミド
NMF:アミノ酸・ミネラル
真皮構成成分:コラーゲン・ヒアルロン酸

【肌の構造】
上記の肌成分を配合やるについてだけではなく、肌と同じようなラメラ構造にコスメティックス自体を構成した事で、肌を再現するという技術。

ですので、ラメラ構造100%を実現したスキンケアなのです。これは世界発の技術だ。
崩れてしまったラメラ構造は、簡単には戻りません。

潤いを与えてくれるコスメティックスによっても、根本的な肌の内部ですラメラ構造が乱れていては、その場しのぎで、解決には至りません。
大事な事は、肌の土台を元の健康的な状態にしてあげるという事です。

赤ちゃんの肌を思い浮かべてください。
キメ細かく、ハリがあり、みずみずしい肌ですよね。
ですが、水分量も油分量も、実は成人の約3分の1しかないはご存知でしたか?

肌のトラブルに見舞われると、たまたま加齢や、水分量・油分量を気にしてしまいますが、要所はそこではないのです。
赤ちゃんの肌がもちもちなのは、ラメラ構造が正常に整っているから、なのです。

は、大人になり肌荒れを抱えている方であっても、加齢だから貧弱…とほざく必要はありません。
水分を加えなければ、油分も気にしないと…。それよりもラメラ構造は整っているのかを気にください。

ラメラ構造を赤ちゃんのように整えてやる事で、理想とする肌へと近付ける事ができるのです。
今訴えるコスメティックスの本来の効果を得られていないという方は、肌の土台となっているラメラ構造を整えて譲る事で、その効果を得る事もできるでしょう。

まずは、肌を正常な状態へと戻し、肌自体が有するバリア機能を高めて差し上げる事が先決だ。

その為に、こういうコンシダーマルが活躍するのです。
コンシダーマルにおいておる美容成分は、角質層の奥深くまで浸透してくれます。これにより、肌内部に敢然と働きかけてくれて、バリア機能を再生して貰える。https://www.craill-design.nl/